Webinar Series 2 English and Japanese


 
 

From 17 July 2021

Online

With Karin Locher and associate Akihiro Kawasaki


Registration
  • Join us for Series 2 where we go deeper into the implications of the fascial system with our focus on practical applications.


    Webinar 1, series 2:  Interoception

    1 April: The heart, diaphragm and breath in relation to our postural regulation and our sense of interoception.  Interoception for improved function. Implications and practical applications. 


    Webinar 2, series 2: The upper limb continuities :  part 1

    29 April: Shoulder, lumbar and pelvic stabilisation from the upper limb continuities: the Upper V 

    The latest research on these deep fascial continuities will be taken into practical application. 


    Webinar 3, series 2: The upper limb continuities:  part 2

    20 May:  The upper limbs relation to the autonomic nervous system and visceral organs. Implications and practical applications. 


    Webinar 4, series 2: The lower limb continuities

    27 May: Pelvic and lumbar stabilisation from the lower limb fascial continuities: the Lower V

    The lower limb and the autonomic nervous system.  Implications and practical applications. 

     

    Webinar 5, series 2: Whole body entrainment 

    17 June: Communication of the upper and lower V’s for whole body movement and entrainment: the Double V. Clearing the torso to facilitate this communication. 


    Webinar 6, series 2: Fascial stiffness, pain, syndromes and movement restriction

    24 June: Understanding and practical applications for improved regulation and function. 

    Practical applications 


    --


    ワークショップ    タイトル:

    Webinar シリーズ 『ファシア:実践への応用』全6回 (日本語通訳付)


    料金

    1回 17,000

    6回受講 早期割引    85,000  1回分無料、20217月末日まで)

                        通常価格  100,000    (単発受講6回より2,000OFF)

    6回の早期割引は、 20217月末日までにお申込みの方が対象です。


    Webinarシリーズ2では、より実践に即した応用編として、私たちの身体とファシアの関わりについてさらに深く学んでいきます。

    ファシアの働きについて、より深く学びたい方は、Webinarシリーズ1(全6回)の日本語版の受講をお勧めいたします。20216月中旬~7月中旬にかけて、実施予定です。


    単発受講可能

    6回を受講された方は資格認定試験の受験資格が与えられます。

    資格認定試験に合格されましたら、Centre for Spatial Medicineの本部より資格認定証(Certificate in the Fascia and principles of Spatial Medicine)が発行されます。

    (資格は永久認定です)


    お申込みはこちら

    https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01wtki5u8kk11.html


    日程

    1回:717日(土)~  6回:1218日(土)

    講師

    Karin LocherCentre for Spatial Medicine 創設者)   

    通訳 川﨑章広(Centre for Spatial Medicine日本代表)



    時間

    19:3021:00(日本時間) すべて土曜日

    Webinar1717

    Webinar2821

    Webinar3918

    Webinar41016

    Webinar51120

    Webinar61218



    内容

    Webinar 1, series 2:内受容

    717日:

    心臓·横隔膜·呼吸と姿勢調節や内受容感覚との関係性/機能を向上させる内受容について(実践に向けた応用編)

    Webinar 2, series 2:上肢の連続性 part 1

    821日:

    上肢の連続性に着目した肩関節·腰椎·骨盤帯の安定性について:上半身V

    最新研究による深層ファシアの連続性に対する実践的なアプローチ方法

    Webinar 3, series 2:上肢の連続性 part 2

    918日:

    上肢と自律神経系および内臓との関係性(実践に向けた応用編)

    Webinar 4, series 2:下肢の連続性

    1016日:

    下肢の連続性に着目した骨盤·腰椎の安定性:下半身V

    下肢と自律神経系(実践に向けた応用編)

    Webinar 5, series 2:全身の同調

    1120日:

    全身運動のための上半身Vと下半身Vの相互伝達と同調:ダブルV

    上半身と下半身の相互伝達を促通する為に体幹をクリーニングする(整える)方法

    Webinar 6, series 2: ファシアの硬さ、痛み、症候群、行動制限

    1218日:

    ファシアの調節と機能向上のための理解と実践(応用編)



    Centre for Spatial Medicineについて

    Centre for Spatial Medicineは、運動、マインド、リハビリテーション、パフォーマンスの専門家を結びつける機関として国際的に認められています。

    最新のファシア研究を通して、心と身体の関係性を学び、怪我の回復、メンタルケア、リハビリテーション、健康およびパフォーマンス向上に関する新たなレベルでの研究や新しい知見を提供しています。


    講師

    カリン·ロチャー(Centre for Spatial Medicine 創設者) 

    カリン·ロチャーは17年以上に渡り、私たちの健康とパフォーマンスを決定する「生命力」(および生命力の欠如)とはいかなるものかということを理解し、探求する中で自身の考えを構築してきました。

    最新のファシア研究から得られた新しい知見を基に、Spatial Medicineを新たに応用した先駆的な概念を生み出しました。この概念は、「マインドセット(心の在り方)、動き、構造的関係を変えることで、結果を変えることができる」というものです。

     

    長年カリンが生命力に惹きつけられたのは、生命力が人々を変化させ人生を変えることができるということです。これは、神経筋膜システムを復元·リセットするための方法論であり、自らの身体が最善を尽くして最良の状態を保つことができるというものです。その結果、Spatial Medicineが構築されました。彼女が提唱しているSpatial Medicineという薬は、21世紀の疾患の症状や症候群により適していると信じています。

     

     

    川﨑 章広(Centre for Spatial Medicine 日本代表主任) 日本語通訳

    アナトミー·トレインズが世界的に注目を浴びる中、その使い方に疑問を感じ、カリン·ロチャー氏のSpatial Medicine出会いました。現在は、ヤムナ、ファンクショナル·ムーブメント·システムズ、ロシター、アニマル·フロー、ストレングス&コンディションニング·トレーニング、ピラティス、ジャイロ、ヨガなど今までの知識や経験がSpatial Medicineを学んだことでより立体的に繋がり、ヒューストンバレエ団はじめとしたクライアントの身体を診る際の土台として活用しています。


    開催場所

    オンライン



    お問合わせ先

    お問合わせ(日本語):info@pasmi.org

    お問合わせ(英語):info@centreforspatialmedicine.com

  • 17 July 2021 / 21 August 2021 / 18 September 2021 / 16 October 2021 / 20 November 2021 / 18 December 2021

    7.30-9pm Tokyo time

  • Karin Locher

    Founder of Centre for Spatial Medicine, Karin's pioneering fascia insights into movement, rehabilitation and chronic pain therapy are uniting and inspiring medical, manual and movement educators and professionals around the world.

    Her quest of 20 years to understand the life force has driven her extraordinary and very personal approach of Spatial Medicine

     

    Akihiro Kawasaki      View Bio


  • Online

    Contact Aki for Japanese:  info@pasmi.org

    Contact Centre for Spatial Medicine for English: info@centreforspatialmedicine.com